2011年07月21日

なでしこ、感動。

素晴らしい、真実のドラマであった。スポーツ

日本の女子サッカー選手たちの戦いぶりは、見ていて心揺り動かされるものが有った。

リードされてもあきらめない執着力。
少ないチャンスをいかせる決定力。
みんなで一つになって攻めていく団結力。
小さな身体でも、くらいついていく闘争精神。

本当に美しかった。諸外国の人達もほめる筈ですね。

選手たちだけではなく、監督・コーチ・各種スタッフ達もふくめた全員サッカーがうみだした、
素晴らしい結果である。結果はいつもついてくるとは限らないだけに、とてつもなくうれしい数日間であった。

選手たちや関係者にとっては、数日間の出来ごとではなく、ながい努力の総集編であったろう。
そしてこれが完結編ではなく、まだまだつづく道なのだ。

このガンバリズムが、たとえば大相撲になぜ見られないのか。

外国から来た力士たちが、言葉のハンディものりこえて、立派にがんばっている。
モンゴルから来た人たちは、体格も日本人とは変わらない。朝青龍、日馬富士など、身体は小さいぐらいだ。

それを補っているものこそ、なでしこ精神につうずるガンバリズムであろう。

私は、トヨタ自動車のことが象徴的に頭に浮かんできた。みんなのひたむきな努力が、今の地位をかちとったのだろう。忘れてはいけない。道は、目の前に有るのだ。

努力こそ、奇跡の種であり、未来を約束してくれるもののような気がする。

なでしこ達よ、ありがとう。
     (syuji)




posted by okumura at 01:51 | TrackBack(0) | 心の響き
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46864846
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック