2011年04月30日

原発事故に思う。

今回の東日本大震災に付随して起こった「福島原発事故」について、腹立たしい思いで一杯です。

特に原子力関係の学者・東電の原発関係者・原発担当の官僚達・そして推進した政治家に対してです。
原子力に対する知識と組織をもち、それによる収入も得ていた人達に対してです。

あれほど「万全」とか言っていましたが、リスクの読み方の未熟さ、建設後の改善改良の努力不足。
大変なモンスターを誕生させ、抱え込んでいる危険認識が、まったく不足していたようですね。

地震のマグニチュードだって、決して世界史上最大ではない。同率5位ぐらいのようだ。
しかも、最近だって世界に大きな地震が既に勃発している。それからくる真剣なチエックをしたとは思えません。

例えば、既に言われているように、なぜ非常用の発電機を地下に用意したのですか。
また今までそのままにしておいたのですか。
甘く見たのだろうか。金がかかるからでしょうか。

今あなた達のために、故郷を傷つけられ、職場(農業や漁業や、いろいろの仕事)も失う人達が
できてしまいました。

世界における日本の信用までも、あなたたちは傷つけたようです。

体も放射線で蝕まれる恐れを抱えてしまったのでしょうか。

人は怠けたり、甘く考えたり、ときにはこずるい考えに流されることもあります。
あのモンスターを作り出すとき、そんなことまでも考えてくれはしなかったですね。

建設時点の甘さのみならず、その後の継続する怠慢が、今日の悲劇を生んだようですね。

とりあえずは猛省を促すしか、ないのでしょうか。

    (syuji)




posted by okumura at 17:50 | TrackBack(0) | 心の響き
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44645797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック