2010年02月15日

同窓会・異業種交流会・県人会。

パティオ伏見のお客様の中で、同窓会・異業種交流会・県人会の方々の占めるウエイトはかなり大きい。

私自身も同窓会のメンバーの一人として、パティオ伏見で定例の
会合を持っている。
殆どに共通していえるのは、「若い人たちが少ない」ということ。

ある年齢に達したら、意義が分かるようになり、出席するようになると
いう話はよく聴く。しかし、そんなに楽観はできないように思う。

昔は仲間意識があった。企業は殆どの人が終身雇用の意識で、働いていた。だから忙しくもあり、逞しくもあった。会社の連中とどれだけ呑みに行ったことかビール夜

今の人たちは、かなり冷たい環境雪にいる方が多い気がする。会社もそうなら、本人も冷めてはいないか。

燃えろ!人間ども。
ひとは一人ではない。年上の人たちは、何かを世の中に返したい人が多い。
若い人たちは、まだまだ経験も人脈も不足している筈。
困ったとき、苦しいとき、誰かに相談してみよう。

1人でゲームに明け暮れてはいないか。えらそうに世の中を見放してはいないか。親しい友達がいるか。
希望の灯は見えなくても、身辺にまるで無数の蛍火のように、飛んでいるはずだ。チャンスはつかまなかったら、自分のものにはならない。

何かあれば、私でよければ、遊びに来てください。
駄目でもともと。但し、電話してきてからだぜ。
  (syuji)





posted by okumura at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 貸会場/貸し会議室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35329546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック